仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20051005212716

ガイドを購入。
今週もどこのテレビ誌よりもごくせんSPを大きく取り上げてくれていましたね~。

表紙のモーニング娘。を見て絶句…
ほとんど知ってる人がいません…
時代は流れているのだな~と実感。
全盛期は終わったと思ってるのは私だけ?

3ショット。
『ごくせん』を見た人は、この3ショットが懐かしいのかな~
卒業した生徒が先生を訪ねてきた~みたいに見えるのかしら?

仁が笑ってま~す。
優しげな微笑ですね~
真っ白い歯がキラキラしてます。
やっぱり好きだな~
この人の笑った顔。

横顔の亀が、なんだか素敵…
あどけない…?ちがうな~
余裕のあるやんちゃな微笑み?…
う~ん。
適切な言葉が見つからない…
この視線の先で見つめられたいな~なんて、本気で思ったくらいですよ…。

仁は仲間さんをデートに誘ってますよ~。
いいなぁ。
先生と生徒の禁断の恋。

こういうテーマでドラマとかしてくれたら、どうなるだろう…
タッキーと菜々子みたいな。
でも、あんな感じじゃなくて。
普段は軽いノリノリでモテモテの高校生の男の子が、
密かに先生を想ってる~みたいな?
それはコミカルで笑いもアリって感じの。
あまり重くない感じの。
最後はもちろんハッピーエンドで。
あはっ。
想像しただけで、興奮しちゃうよ~。
やっぱアホですね、私は。

『女性自身』の仁が白黒なのにすごくいいって聞いたんで、夕方本屋にいったら、まだ売ってなかった…。
いっつも週刊誌って、1日遅れなんだよな~
はい。地方ですからね。
また明日行かなきゃならないじゃん…

あと、『ちゃお』もいいと聞いたので、そのコーナーまで行ってみた。


 
あの表紙は一体何ですか?
もともと、女性マンガって顔の3分の1くらいは大きな目がしめてるものだけど、あの表紙の絵は…?
目が3分の2はあったと思うよ…

ありえねぇ…

私があの手のマンガ雑誌を買ってたのは小学生の頃。
それはもう、遠~い、遠~い昔のことです…。
『リボン』『なかよし』『ひとみ(←廃刊…)』そして『ちゃお』
私は『ちゃお』派だったんですね。
妹が『ひとみ』で、友達の陽子ちゃんが『なかよし』でりかこちゃんが『りぼん』(どうでもいいか、そんな話…)
でも、その頃はここまでひどくなかったぞ~
あのちゃおの表紙は、アキバ系のおたくっぽいアニメにしか見えなかった(毒)…

全然惹かれない。(←当たり前だって。対象年齢が違うんだからよ…)
それは、私が年をとったからなの?

さすがにそれを購入することはできなかった。
今まで数々のタブーを克服してきた私でも、無理だった…
なんでだろう。
アイドル誌を買うより買えないなんて。。。

あ~でもさ。
ほんとKAT-TUN貧乏だね~
毎週発売されるテレビ誌の数々。
明日はまた三誌が発売ですしね。
それ以外にももともと自分で買ってるファッション誌や、インテリア雑誌、
エッセイや本とかも買うから、週に何回本屋へ行くんだ?
一体いくら費やしてるのかな~
それでも、いろいろな情報で彼らのことがわかるならと、ついつい買ってしまう。
実家の親には絶対に言えませんよ…



スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。