仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日の白虎隊 第二夜。
結局今日の午前中、もう一度ゆっくりと見なおしたのだけど、かなり号泣しましたね。
母が息子を送り出すところが、とにかく切なかった。
もう、母親の目線というか。。。こんな悲しいことないって思うとたまらない…
儀三郎と母親とのシーンが一番現代と通じていると思った。
それ以外の母親は自分たちの気持ちを押し殺して息子を送り出すわけだけど、今の自分では考えられないし、そういう時代ではないから。
結局、たっぷりの愛情で育てられた儀三郎は武士として自分の命を絶つ道を選び、この世に思いを残すことなく命を真っ当しなさいと教えられた峰治は武士の誇りを持って生きることを選び…
どちらもその時代には仕方ないことだとはいえ、悲しい結末でした。
しかも、薩摩の旗がユラユラ揺れる度、心が痛む…。

儀三郎と小夜子との淡い思いも素敵だったのに、必死に戦って亡くなってしまって本当に残念でした。

儀三郎たちの部隊を指揮していたはずの隊長(的場浩司)がひょっこり帰ってきたところに、峰治がつめよるシーンはもっともだと思った。
本当に…ひどい…。

小林稔侍演じる家老の助言を受け入れることのできなかった時代が本当に悔やまれますね。
あと、家老の家族…
腰抜けとののしられても、自分の夫を信じ諭す妻(浅野ゆうこ)も素晴らしく…

最後に、峰治が母親の深い愛に気づくことができてよかったと思うけど、本当に悲しい時代でした。

聖が出ているということで、何気にみた白虎隊でしたが、深く心に沁みるものがあり、時代劇とは無縁で、しかも日本の戦国時代についてはほとんど無知な(というか、習ったものは忘れている…)私も、入り込んで見てしまった。
よいドラマでした。

それにしても聖はカッコよかった。
男前でした☆

スポンサーサイト

テーマ:田中聖 - ジャンル:アイドル・芸能





ちぃさん、こんばちわ。
今まで白虎隊のドラマってあまり興味がなくて、ちゃんと見たことなかったんですが、Pちゃん出るし、こーきくん出るしな、って思って見たんですが・・・
辛かった、ほんと。
私にも息子がいて、もし自分の子供に『立派に死になさい』なんて言わなければいけない時代にいたとしたら。。。
ダメ!! 想像したくないです! でもそれがたった百年ちょっと前の日本だなんて、Pちゃんじゃないけれど、今の時代に感謝の気持ちでいっぱいです。

えっと、住んでいるところなんですが、私も結構田舎にいます(笑)(”も”ってすいませんm(_ _)m)
かなり前ですが、カレー毒物事件っていうニュース、ご存知ですか? その事件の起きたところから近いです(^^;)
も一つ、徳川吉宗の地元! すいません、クイズみたいなこと書いちゃって~。
なので、私も遠征になりますかねぇ(**)

NEWSの復活、色々ありますが、とりあえず良かったですよねっ♪
【2007/01/11 22:04】 URL | 綸子 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。