仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三連休。天気も素晴らしくよく、絶好のお出かけ日和なのに、お家でまったりとごくせんの俳優赤西仁を見ています。

ごくせんといっても、番宣みたいなものですけど。
隼人の役作りで苦労したと、緊張した面持ちで言葉を選びながら語る仁。
「竜までクールじゃないし、土屋までおちゃらけてないし、中間でありながらリーダーなんで…」と。
こんな風にゆっくりと語る仁が、なんだか危なっかしくてほっとけなくて、心揺さぶられ…

8話で共演した父親役の内藤剛志さんからも
「怒ってるときの顔と、笑顔の時とものすごく違う。あるいは照れていたりとたくさんの表情を持っていて、何よりも目がいい。本人が真面目で、芝居に向って真正面から挑んでいる。
ジャニーズでずっと仕事をしてきてることもあって、二十歳でもすごく場数を踏んでいてしっかりしている。非常に落ちついて仕事をしている。
これからもっともっと素敵な役に巡り合って、素敵な俳優になると思う」
という、有り難いお言葉を頂戴しています。

仁の飾らない笑顔は本当に素敵で、あの笑顔の裏に仁の本質を全て垣間見れるような気がする。
わがままだとか、やる気がないなんて言われて誤解されることが多いかもしれないけど、自分で決めたことはやり通すし、時々ヘタレでもウソがない人だと思うし、周囲からどう思われても自分の大切なものを守りとおすことができる強い人だと思う。
まぁ、勝手に私たちファンが思っていることですが、そんな気がします。

そんな仁がまた私たちの前に現れて、これまで以上に飛躍していく姿をずっと見守っていきたいなーと強く思った休日の午後でした♪

スポンサーサイト

テーマ:赤西仁 - ジャンル:アイドル・芸能




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。