仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここ最近、せめて夢でもいいから仁に会えますように…と密かに願いながら床に就きます。でも、疲れきっているせいか、夢を覚えていないのか、私の夢に仁が出てきたことはなかったと思う…。
でも、今日。今朝の夢で、やっと仁に逢えました。
ただ、逢えたといってもものすご~くしょうもない内容で、ここへ記すのもどうかな~という感じだけど、せっかくの記念だから残すことにする。

もう、大分時間が経ってしまってうろ覚えなんだけど…
確か、私は友人数名と何かを探しに学校の近くの山へ行くんです。
その道は険しく、途中でかわいそうな子供とか動物とかに遭遇したような気がする。で、その動物を私が助けた…?
あまり覚えてないけど助けたのかもしれない。
それから学校に帰るとなぜか体育祭。
でも、様々な競技も終了し、私は友人と帰ろうと思って歩いていた。
すると目の前から犬がよってくる。
しかも、私にぴったりと身体をこすりつけてくる。
大きな犬で、内心とっても怖かったのだが、走って逃げたら追いかけられると思って冷静になんでもないふりをして歩いている。
するとその犬が…犬と思ってたら白い小熊で、それがしゃべるんだ。
何を言うのかと思っていたら、「仁が後であなたに話があるって言ってました。あとで来て下さい」と言うのだ・・・
わけわかんない・・・
でもこの犬のような白い熊は、さっき私が助けた動物だったのだとなんとなく夢の中で思っていたような気がする…。

そして場所が学校の校庭に移る。
私は友達とタイヤが半分土の中にうまった(←今もこんなの学校にあるのか?)遊び場の前で話しをしていたら、別な友人が血相変えてこちらに走ってくる。
「仁くんがちぃに話しがあるって、教室で待ってるよ」
一体何??
仁って、赤西仁?
私に何?告白?え~。絶対告白だ・・・
どうしよう、私子持ちなのに、、、
隠す?いや、そんなこと隠したら絶対ばれたとき何もかもがおしまいだ。
でも、正直に話す?
そんなこと言ったら告白どころではない。せっかくの仁からの告白を受けることになりそうなのに全部水の泡…。
一体、私はどうすりゃあぁいいの~??
って思いながら教室へ向かうと仁が確かに誰もいない教室に座っていた。
でも、私はなんと自分のことを説明したらわからないままそこに立ち尽くす・・・

という、意味不明の夢でした。
で、そのすぐ後に目が覚めて、これが夢であると気付くのですが、夢なら子持ちだなんて正直に話さなくても、愛の告白を受ければよかったんだ~って後悔し、夢かうつつかわからぬまま、もう1度夢の続きを見ようと試みるのですが、もうダメでした…
あ~あ。。。
せっかく仁からの告白をこの私が受けることになりそうだったのにー!!
すっごい悔しい。
すっごい悔しい。
すっごい悔しい。

でも、この夢にどうして私が踏み込めなかったかはなんとなくわかるんです。
それは「anegoスペシャル」の仁の発言。
「奈央子と絵里子、どちらがいいですか?」という質問をされた仁は、「奈央子がいい。だって、絵里子は結婚してるじゃないですか」って言ったんですね。仁の中では不倫なんて、人妻なんてありえないわけですよ。
それを知った私の脳が、これをリアルに覚えていたんでしょうね。
なので、どうせ自分が仁と恋をすることはないのだ・・・(ってあたりめーだ)っていうあきらめの気持ちが強かったんでしょう…
あぁ、でもなんて惜しいことをしたんでしょう。
だって、仁に呼び出されるんですよ。
仁が私を教室で待ってるんですよ。
あぁ、夢でもいいから仁と向き合って話したかった・・・

どうか、今夜も仁との素敵な夢を見させてくだパイ。
スポンサーサイト





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/08/22 20:46】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。