仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月15日。
あなたが突然職場を去ってから一週間がすぎました。
私たちの気持ちはまだなかなか整理できないままです。
それでも、日々の忙しさに紛れ、毎日が普通に過ぎていきます。

平成6年の4月でしたね。
初めて会ったのは。
職場の同期として女同士6人。
なぜか趣味や感じることがみんな似通っていて、とても気が合いました。
みんなで飲み会や合コン、花見や旅行。
本当にあちこち行きましたっけ…

あなたが入院したときはみんなで本当に心配しました。
上司の心ない発言に立ち向かったこともありました。
あなたを守りたかった。そんな気持ちからの行動でした。

そのうち、それぞれが家庭をもち、前のように自由のきかなくなった時間の中で、何故かあなたとの距離を感じるようになり、
気がつくと取り返しのつかない状況になっていました。
私も周りも随分苦しみました。
本当に悩みました。
でも、どうすることもできず、
ただ、ただ腹が立ち、
気がつくと私も周りの人間と同じで、
あなたを遠くから見るだけのただの傍観者になっていました。

とても些細なことでした。
私もどうしてあそこまでそれにこだわっていたのか。
まだまだ子供でした・・・
30すぎても、全く精神年齢が成長していなかったんですね。
変なこだわりで、あなたを許せなかった。
それがこういう結果を引き起こしてしまったのかもしれません。

もっと離れていくあなたに向き合えばよかったのでしょうか?
支えになれるよう努力が足りなかったのでしょうか?

もうずっと口を聞かないまま時間だけがすぎ、突然、その日がやってきました。
最近ではとても固く険しい表情のあなたしか見ていなかったのに、
その日は違いました。
私のところに挨拶にきたあなたは、何かにふっきれたようなとてもすっきりとした表情をしていて、驚きました。
あなたの笑顔、久しぶりに見ました。
そうだ、この人はこんなに素敵な笑顔で笑う人だったと、懐かしくて涙が止まりませんでした。
普段あまり多くを語らないあなたの笑顔。
あなたの周りにはファンがたくさんいたんだよ。
みんなあなたが笑うと幸せな気持ちになっていたんだよ。
その笑顔に久々に会えて、でもそれがあまりに切なくて、私は本当に倒れそうでした…。
そして、久々に向き合ったあなたがあまりにも痩せていたことに初めて気付きました。
何をそんなに抱えていたの?
どうしてそこまで思いつめていたの?
何故何も気付かずこの日を迎えてしまったのだろう・・・。

最近のあなたの姿があまりに苦しかった分、
その日の笑顔は格別で、ますます私たちを苦しめました。
もうかえることはできない。
もどることはできないんですね。

これからのあなたのことを思うと心配です。
余計なお世話かもしれないけど、本当に心配です。
ご飯ちゃんと食べて。
これからは、苦しい世界から解放されたのだから、
今より明るい未来が待っているんだと信じたい。

いつか、あなたの気持ちが落ち着いた頃に、
会えるといいなと思っています。

11年と4ヶ月。
長い間、お疲れさまでした。
本当に、本当にお疲れ様でした。
今までありがとう。
楽しい時間をありがとう。
どうか元気でがんばってほしい。








スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。