仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はKAT-TUNコン最終日ですね。

どうだったんだろう。
どんなことになってんだろう。

今日の仁は?
今日のKAT-TUNメンは?

『PRECIOUS ONE』をやっと仁が間違えずに歌えたって?
そうか~
よかったね。
この曲、すごく好き。
みんなめっさうまいし、何よりも仁の「~FIND~」って声。
仁の声がのび~~~~~~る。のびる…。
うますぎです。
失神しそうです。
何度もリピっては床に崩れ落ちる…の繰り返しです…。

今日は8月19日のMステを何度もリピってました。
研修前で忙しいというのに、リピったらとまらん。。。

『フリーズ』
曲がはじまると聖のラップ調の歌い出しから。
それと同じに残りのメンバーが身体をカクカク、クネクネしながら前に出てきます。
あ~~~~かっこいい~
曲調も歌い方もダンスもすべてかっこ良すぎるんですけどっ!!
仁は黒いラメのコートを肩にはおっているだけで登場します。
ダンスも控えめとはいえ、普通にその状態で踊っている。
それなのにっ!!
コートが落ちない。。。
それは何を意味するのか。
そうです。仁の肩幅の広さ・・・
肩幅がもうありえないほどセクシーに広い・・・
見ましたか?あの肩幅。
だっ・・抱かれたい・・・と悶えた人は私だけではないはず・・・

そして、あの気の抜けたようなでもしっかりとしたダンス。
ああいうラップ調?R&B?(曲のジャンルまではよーわからん…)の曲もきちんと自分たちのものにしてますよね。
どんなジャンルの曲でも彼らは歌い上げることができるのですね。

「目がくらむはずさ」のところで仁がウインクしながら右手で目の横をコツコツッとします。素敵ですっ・・・
「まずは近づき」と歌いながら画面に近づいてきます

「楽にオレらに 体をあずけりゃ」と歌いながら亀がフェンスに寄ってきます
「盛りあがる」のところで、こちらに罪作りな笑顔を向けるのです・・・
これがかわいいんですわ…

「Can you listen to the beat and shout」と仁の高音が聖の声に重なります。素敵すぎ…・
なんて素敵な歌い方…
「Com on! Dance to the rhythm and SAY YEAH」
は~…(溜息)

全体的に聖が中心で歌っていますが、ダンスも歌もみんなかっこいいです。

そして
『青天の霹靂』

この曲、すごい好き。
かっこいいです。昔っぽいなんて全然そんな気しないよ。
すっごく歌もダンスもかっこよかった・・・

曲が始まるとみんな着ていたコートを脱ぎます。
亀のように床に放り投げるのもあれば、仁のようにバックを踊ってくれてるメンバー(キスマイ?ABC?)に手渡す姿にまた惚れ惚れしたり…
そんな小さな事にもいちいち反応してしまうのです・・・

じゅんのがいないので、バックが引いた後,本当に5人しかいないという事実が際立ちます…
なんだかぽっかり穴が開いたようですが、それを感じさせないように5人での構成で踊り始めます。亀が中心です。

仁はコートを脱いだ後、白い襟ぐりの広く開いた5分袖のTシャツ?カットソー?を着ています。
これを見てもわかるのですが、なんて素敵なんでしょう。
この肩幅の広さ、胸板の厚さ。
今まで以上にたくましくなっていませんか?
夏にジムに通っただけのことありますね。
本当にたくましく、ますますセクシーになっていますでございますよ。
ジムに通って体を鍛えてるって聞いたときは、マッチョな仁なんていやだ…って思ったりしましたが、この感じは素敵です…
だって本当に素敵なんだもん。
そして黒いダボッとしたパンツを着ています。
この太目のパンツがまたツボです。
だって、こんなダボッとしたパンツをあんなにかっこよく着こなせるなんて。
モデルばりですよ。本当に…。
スタイルのよさが際立ちます。本当に好き。この衣装。
ファンに人気のないこのバンダナも、この衣装には合ってると私は思う。
この力の抜けた感じのファッションにはすごく似合うと思うのです。

「(閃光がこの身体を今)」と仁と上田くんが追いかけるように歌います。
その時のふたりの声がまた素晴らしすぎる~
仁のアップもかっこいいんだけど、上田くんが綺麗…
そして二人が画面の中央を素早く左右から横切ります。
それと同時に亀が中央にあらわれ
「撃ちぬいてくよ」とまた罪作りな微笑をこちらに投げるのです…
ここの感じ、すっごい好き。
仁と上田くんが交差する瞬間、そのあと現れる亀…
なんてかっこいいんだろう、この人たちは…。

「痛みもわからないくらいに」と、また仁がカクカクしながら移動。
その動きのかっこいいことといったら…

「2回目のキスは痛いから好きじゃなひぃ」と歌う亀のセクシーな声。
「傷つくだけのリスクなら溺れたくないんだ」と歌う仁の声に安心します。
彼なら上手く歌うと信じているから。
落ち着いて聞いてられます…。

「ココロ狂わせる」と仁が手をひらひらさせて踊ります。
やっぱりこの踊り方いいっ!!

「白い雷鳴が このココロの」と歌う仁がアップになります。
バンダナでそのアーモンドのような素敵な目が半分隠れてしまっているのですが、それでもこちらにジッと瞬きもせず真剣な眼差しで視線を送ってくれているのです…。その目が本当にヤバイ…
もう、死んでしまいそうなくらいヤバイ…
アメリカから帰ってきたばかりで、お疲れだったのでしょうか。すこ~し、目の下がくぼんでクマができてます…
でもその疲れた表情にさえ色気を感じずにはいられないのです…
そんな目でこちらを見ないで…アァッ…ってな感じになります。ハイ。
この目はバンダナではっきりと見えそうで見えない感じがたまらなくいいのではないかと思います。本当にセクシーで、もう、これ以上の言葉が見つかりません…。

「(雷鳴がこのココロの奥)」と上田くんがこちらに歩いてきます。
その表情が・・・なんて素敵なの~??
今回の上田くん、めっさ綺麗でしょ。本当に。
カメラに向かってそんな風に歩いてくる上田くんをあまり見たことがありません。上田くんって歌う時は、歌にすごく集中して、よく目を閉じて横向いてませんか?なので、あんなにはっきりとこちらを見て歌ってくれた上田くんにかなりやられてしまいました。
多分カメラマンさんもあまりの上田くんの美しさに、彼を追いかけずにいられなかったのではと察します。

そして、雨が降り出します。
5人が雨に濡れてゆきます…
歌い終わった後に、みんな気持ちよさそうに雨に打たれてます。
聖は帽子を脱いじゃいました。
亀が塗れた後ろ髪をパラッて払い、水を飛ばします。
かっ…かっこいぃぃ…

なんて絵になる、サマになる5人なのでしょうか??(5人。本当は6人なのにね…)

雨が降る演出が成功して、仁が叫びます。
「ヤッター」とでも言っているのでしょうか?
みんなうれしそうです。
うまくいってよかった…

雨に打たれて固まる仁もかわいい。
その横の姿に、またたくましさをひしひしと感じました。
確実に彼はたくましくなっていますね。
本当にモデルのようです。
素敵です。
かっこいいです。
さっきからこの言葉しか使ってませんね。
すみません。。。ボキャブラリーが乏しくて。
でも、もう他に誉め言葉が見つかりません。

KAT-TUNって、本当に素敵です。
歌も踊りも何もかも完璧。
これでまだデビューしてないなんて、本当に世界7不思議の一つとも言えるのではないでしょうか?
彼らをもっと見たい。
これからの彼らの成長をずっとずっと見守り、応援していきたいです。
本当に、本当に好き。
仁が好き。
KAT-TUNが好き。










スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。