仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日の「しょい」。
あさりのみそ汁を、悦ねぇが見て仲間を思い出すところにやられました。

最近涙もろい私は、
結構「しょい」で泣かされてます。

鈴木杏ちゃん、ドラマ「青い鳥」でトヨエツと共演していた頃から知ってたけど、本当に演技うまくなったよね。
見る者を動かす力十分にアリですワ。
ボートが好きで頑張った分、現実をなかなか受け入れなくてやけくそになっている。大人から見たら、それでそこまで悲観的にならんくっても、応援なんて最初から言ったらええやん。。。って思うかもしれないけど、
彼女は女子高生。
自分に突然起こった悲劇、悔しい気持ちを前向きにもっていくことの難しさをよく表現してたなぁと思うわけです。

そして、そんな悦ねぇを優しく諭す関野。
亮ちゃんの演技にもココロ打たれます。
「がんばらんでもえぇ」と最初は悦ねぇの悔しさを理解しながら、言葉を選んでる気がします。
それでも後ろ向きなことばっかり言っている悦ねぇにビシッと言うんです。
それにココロ動かされる悦ねぇ。

でも、まだ琵琶湖に応援にいくところまではいかない。
そして、表題のあさりのみそ汁です。

あれを見ながら、仲間のことひとりひとり思い出す悦ねぇ。
みんなそれぞれ悩みや何かを抱えながら頑張っているということに気付く。

もう、涙なしでは見られません・・・

そして、我らがじゅんの。
彼の優しさが画面からも伝わってきますね。
何もすることがなくなってつまらなそうにしている悦ねぇに、押し付けるでもなくカメラをさしだす中田三郎。
表情がいつも優しげで癒されるんですワ・・・

彼は着実に中田三郎をものにしてきています。
演技もどんどんしっくりいくようになって。
安心して見られるようになりました。

このドラマ、あの事件があってから、どうなることかと思ってましたけど。
回を追うごとにしっかりとなって、おもしろくなりました。
やはり関西テレビが作るドラマは丁寧ですよね。

草なぎくんの「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」で、関西テレビにやられ続けた私は、ここのドラマが結構好きです。

来週で終了ななんだ…
次のドラマの番宣があるとさみしくなりますね。


スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。