仁が帰ってきた☆6人のKAT-TUNだけを信じてどこまでもついて行く!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仁の大好きなおっぱい。
今、日本のおっぱいが危ないってみなさんご存知ですか??

とても仲良くさせてもらっている、職場の先輩が乳がんの手術をしました。
彼女はまだ30代なんです。
それはもうステキな人で、まわりをほんわかした気分にさせてくれる優しくてしっかりとした先輩。
乳がんとわかってから今日まであっという間でした。
悪性かもと相談されたときは、絶対違うよって断言していた私。
それが思いもよらない結果で、あっという間に入院・手術と進んでいきました。

正直、私にとっては『がん』なんてとっても無縁なものでした。
でも、あんなに身近にいた先輩がこの病気だと診断されてから、とても他人事だとは思えなくなりました。

手術前にお見舞いに行ったときも、きちんと病気に向き合って前向きな考えをにこやかに話してくれた先輩。

手術が終わって、2週間後にお見舞いに行ったときも、やはり前向きな姿勢は変わりませんでした。
むしろこっちが勇気づけられたくらい。
それなのに、またまた涙してしまった私です。
だって、先輩がまた普通に笑って話してくれたことがうれしくて、そして、大好きな先輩がとても大変な手術をしたんだなーと考えたら、不謹慎にも涙がでてしまったんですよ。
先輩だって頑張っているのに、私が泣くべきではないのに。

これから組織検査の結果がわかってから本格的な治療に入ると言っていました。
抗がん剤の投与は、体力的にも精神的にもとてもつらいものだと聞きます。
それに耐えられるか心配だと言っていました。

とにかく、しっかりとじっくりと治療に専念して戻ってきてほしいと強く思います。
先輩が戻ってくるのを心待ちにしながら、すごく嫌で嫌でたまらなかった女性部長という大役を必死で私も頑張ります。

今や乳がんは女性の28人にひとりの確立で発見されているそうです。
この数字に大変驚きました。
しかも早期発見・早期治療で治るガンともいわれています。
乳がんで悲しい思いをしないためにも、30歳をすぎたら是非乳がん検診をうけましょう。

一日も早く、また先輩と仕事をしながら、おしゃれや子供のこと、いろいろな愚痴なんかを話したりできる日がきますように…。
これからの治療が先輩をあまり苦しめませんように…。
そして再発なんてことが絶対にありませんように…。



 


スポンサーサイト





ちぃさんの先輩、早く具合がよくなるといいですね。
私の母親も50を過ぎたので、乳がんの検診を受け始めたそうです。
まだ結果が出ないので母親は非常に落ち着かないそうです。
うちの母親は大変な心配性ですから、気になりだすととまらないんです。
絶対大丈夫だと電話ではいつも伝えるのですが、母親は気が気でない様子です。
また明日も「絶対大丈夫!」と伝えるつもりです。
私の祖父は肺ガンで亡くなっていますので、正直ガンはそんなに身近なものではないとは思っていません。
この世に恐ろしい病気があることは事実ですから、その事実を受け止めて生きていかなくてはいけないのかもしれませんね。
【2005/09/29 00:55】 URL | syun #-[ 編集]
コメントありがとう。
このテーマでsyunさんと語ることができてなんだかうれしいです。
syunさんのお母様も検診を受けたんですね。心配ですよね。
気になって止まらなくなる気持ちお察しします。
お母さんに大丈夫って伝えるsyunさんの優しさにまた涙が出そうになりました。
大丈夫。
私もそう信じてます。
【2005/09/29 00:55】 URL | ちぃ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 +care CAFE+ , All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。